蔵元からのお知らせ

『2020年穫米 新米新酒第五弾 中取り肆号』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

前々シーズンより新たなチャレンジとして、赤磐雄町 65%精米の純米酒に変わりました。

今年より【四】の表記が他号数と同様に大字にて表記とさせていただいております。

肆号のコンセプトは、赤磐雄町を使用した天明らしい透明感の中で、フルボディでバランスの取れたお酒。協会1001酵母、うつくしま夢酵母F701それぞれの仕込みをたてて、酒ブレンドしております。9年目を迎える天明の赤磐雄町、宜しくお願い致します。

秋口には、純米大吟醸を例年通り準備をしております。

詳細:岡山県赤磐市大苅田産雄町 精米歩合65% うつくしま夢酵母F701+協会1001

スペック:日本酒度-1.91 酸度1.45 アミノ酸0.73 アルコール度15.27(15度表記) 無濾過生原酒

中取りシリーズとは?

零号から伍号までしっかりとした個性を持ち合わせ、無垢な新酒だけが持つ生命力、成長する強さや驚き。自由な造り。自由な楽しみ方。そんな想いから地元産の米と精米、酵母、仕込みの大きさなど 通常商品にはない組み合わせ挑戦。さらにイイとこ取りで、少量。さらにコストパフォーマンスも併せ持つ、酒造期ならではの季節感のある生酒の中汲み商品のシリーズです。

・中取り零号【11月】瑞穂黄金:“酸と甘・旨のバランス”

・中取り壱号【12月】五百万石:“スタンダード天明”

・中取り弐号【 1月】美山錦:“ドライ and ライト+華やかさ”

・中取り参号【 2月】亀の尾:““旨”そして、優しく覆うようならしい“酸”

・中取り伍号【 4月】夢の香:“地元産米 夢の香”“未来へ向け、新しいチャレンジ”

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください