曙酒造日記

24BY中取り壱号発売中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

天明中取り壱号発売中

天明のスタンダードそれが壱号です

今期の出来も凄く良く楽しみな1本です。

『季節感』

『1本1本の個性』

『天明らしい酸』

『楽しむ』

コンセプトに持つ中取りシリーズを

今後も宜しくお願いいたします。

次回中取り弐号は瓶詰め作業中

弐号も個性的でいい出来です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 五十嵐裕治 より:

    東京の五十嵐裕治(ライター&エディター/(有)創作舎代表/日本ペンクラブ会員)です。
    大変にご無沙汰しております。
    きょう、目黒区五本木の「ますもと」さんで、「天明」中取り壱号を買いました。
    明日の夜、知り合いが4人ほどくるので(忘年会)、これを選びました。
    さて、どんな反応なのか。
    客はひごろ、日本酒を飲まない人です。
    明美さん、旦那さん、みなさんお元気ですか。
    「ますもと」の主人から、息子さんが跡をついで造りをしていると聞きました。
    2005年の夏でしたか、たいへんご厄介になりました。
    坂下は我が家の故地であり、墓も光明寺にありますので、なんともいえない感慨を抱いている町です。
    東日本大震災では、やや被害が出たとお聞きしましたが、もう大丈夫でしょうか。
    みなさんのお顔を思い浮かべながら、中取り壱号を味わうつもりです。
    では^^

  2. kouichi より:

    コメントありがとうございました。
    震災後、造蔵や瓶詰め蔵にも被害がございましたが
    修繕・改築もなんとか12月に終わり、それと同時に酒造りに追われております。
    明美さんを始め、家族もみな元気です。
    会津坂下にお帰りの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。

    光明寺さんには、中野竹子さんのお墓もあり、八重の桜効果で賑わっているそうです

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください